スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

モデルガン:ブローニングHP購入!!!

 2015-12-14
最近、お座敷シューター化してきた、どうもミニパトです。
※お座敷シューター・・・お家で鉄砲と遊ぶオジサンのこと。

そうなると、性能や機動性よりも、見た目や扱ってて面白い銃を買っちゃうものです。そう、モデルガンとか・・・
という訳で新たなモデルガン、マルシン製ブローニングハイパワー コマーシャルビジランテ(以下、HP)を買いました!!

HP1
HP2
HP3


ありきたりですがHPは『バイオハザード2』で惚れましたw その後、『ビバリーコップヒルズ』『レッド・ドーン』『ヨルムンガンド』などで見るたび、その想いは募り、とうとう手に入れることに成功したのです!!
HPはかの有名なコルト・ガバメントM1911A1と同じ設計者が設計し、さしずめ9mm口径版ガバと言うところです。ですが、その信頼性は今でも健在で、現在でも軍・警察で使われることがあるのです。
この上品さが漂うディティールにフォルム美しいガンブルー。HPのモデルガンは現在、流通が少なく、中古ですが良い状態のものが手に入れることができて本当によかったです!!

ですが、僕が惚れたHPはやはり『バイオハザード2』に出たMkⅢモデル!という訳で、別にMkⅢのグリップを調達し、ちょこちょこ加工して取り付けました!!

HPⅢ1
HPⅢ2


うーむ。急にモダンな雰囲気が出てきましたよねー。グリップにサムレストが加わり、グリッピングが安定しました!

もう貴重&美しすぎて、発火させるわけにはいきませんねぇw

購入を記念してイラストを描いてみました→『ブローニングHP銃娘:ジャンヌちゃん!!』
スポンサーサイト

趣味部屋のトイガン事情

 2013-08-12
最近、サバゲーが人気になってきましたね。漫画・アニメ・ファッション雑誌・・・
かくいう僕もサバゲ寄りのトイガンを趣味としてるのですが、やはり新しい銃を買ってお役御免になった主力銃や観賞用目的で買った銃などがあると思うんです。
趣味部屋にはそういった、日の目を見なくなった銃がそこそこあるんで、今回はそれをご紹介しようかと思います。
まぁ、ようはただの自慢ですw

正直、大した銃はないのですが(エー 興味がある心優しい方は↓の続きからご覧くださいー

趣味銃1
かなり長くなってしまったのでご注意ください(笑)


ここで報告。思い出してたようにポッとやってた購入本紹介ですが、この企画を終了させていただきます。終了の理由としては、
・本の購入が不定期になり紹介するタイミングがつかめなくなったから。
・新タイトルの購入が難しくなったから(金銭・収納スペース的な意味で)。
・本並べて写真を撮るのがめんどくさくなったから。

という感じです。その代わりと言ってはなんですが“紹介コーナー”を頻繁にやっていけたらいいなと思います。

次回予告↓
現在『ステラ女学院高等科C3部』イラスト描いてます。それが完成できれば紹介でもー。

趣味部屋のトイガン事情 の続きを読む

モデルガンを作ろう!!~BHDゴートンM733風味~【組み立て編】

 2013-02-07
前回に引き続き、マルシンのモデルガン組み立てキットコルト・XM177E2を使って戦争映画の傑作『ブラックホークダウン』(以下BHD)に出てきたデルタフォース隊員、ゲイリー・ゴートン曹長の銃を再現してみようと思います!
モデルガン組み立て1

前回『モデルガンを作ろう!!~BHDゴートンM733風味~【塗装編】』は、銃の塗装を行いましたね。
今回はモデルガンのメインテーマ、組み立て過程を紹介します。


ゲイリー・ゴートン曹長に関しては前回の記事をご覧ください。

そんでもって、ここでもう一回、ゴートン軍装のM733の特徴を挙げていきたいと思います。
モデルガン塗り3

【フロント側】
・サイレンサー(ハンドガードより若干長い)
・フロントサイト部のバレルにパラコードを結んでいる
・ノーマルハンドガードにテープで固定したライト


モデルガン塗り4

【ストック側】
・キャリングハンドルの上にレール
・レールにドットサイト(レンズカバー付き)
・ストックのスリングスイベルにパラコード
・ストライプパターンの思い切った迷彩



と り あ え ず

そんなこんなを考慮して出来た完成品をまずお見せします
こちらです!!ババーン!!
モデルガン組み立て2
・・・まぁ、それっぽくは出来てますよね。ね?


モデルガン組み立て3
持てあましてたサイレンサーと、壊れたドットサイト・ライトを流用。レールは所持してたマルイ製が使えなくて、3000円で買ってきました。



やっぱモデルガンは一丁持ってると面白いですね。エアガンと違う遊び方もできるし、ジャムの対処とか実銃みたいなタクトレ遊びもできますしw


↓の続きから組み立て工程を紹介していきます。興味がわいた方はご覧ください!!

モデルガンを作ろう!!~BHDゴートンM733風味~【組み立て編】 の続きを読む

モデルガンを作ろう!!~BHDゴートンM733風味~【塗装編】

 2013-01-29
皆さん、戦争映画の傑作『ブラックホークダウン』(以下BHD)をご存知でしょうか?BHDは実際の事件:モガディシュの戦闘を描いた作品です。

今回はマルシンのモデルガン組み立てキット『コルト・XM177E2』を使って劇中に出てきたデルタフォース隊員、ゲイリー・ゴートン曹長の銃を再現してみようと思います!
モデルガン塗り1

まず、ゲイリー・ゴートン曹長とは
モデルガン塗り2

ゴートン曹長はアメリカ陸軍特殊部隊デルタフォースの隊員で、モガディシュの戦闘において、近づきつつある民兵たちから負傷した墜落ヘリのパイロットを守るために、危険だと知りつつもランディ・シュガート一等軍曹と一緒に地上に降下し民兵に応戦しつつ救助を待ったが、両兵士とも民兵たちによって殺害された。しかし、躊躇することなく地上に降下したその決断力から、シュガートとゴードンは名誉勲章を授与された数少ない兵士である。

そんな彼が、劇中にて愛用してたコルトM733を再現してみようと思います。
そのため、今回は塗装もしていきます。そういうとき組み立てキットって都合がいいよね!!

ゴートン曹長のM733の特徴を挙げていきたいと思います。まずはフロント側↓
モデルガン塗り3

この写真から分かる、押さえておきたいポイントはココ!!
・サイレンサー(ハンドガードより若干長い)
・フロントサイト部のバレルにパラコードを結んでいる
・ノーマルハンドガードにテープで固定したライト


次に真ん中からお尻まで(フレーム~ストック)↓
モデルガン塗り4

こちらのポイントはコチラ!!
・キャリングハンドルの上にレール
・レールにドットサイト(レンズカバー付き)
・ストックのスリングスイベルにパラコード
・ストライプパターンの思い切った迷彩


と、いったものです。
今回はそれらを、バトルダメージも含め、それっぽく(笑)再現していきます!!

それでは組み立てる前に、ばらばらのパーツを塗装していきます!!この工程は必ずしも必要と言うわけではないので、組み立ての参考を探してる方は『モデルガンを作ろう!!~BHDゴートンM733風味~【組み立て編】』をご覧ください。

それでは、塗装工程は↓の続きからどうぞ!!!



あ、
あけましておめでとうございます!!!!!
今年もよろしくお願いします!!

モデルガンを作ろう!!~BHDゴートンM733風味~【塗装編】 の続きを読む

ミク四駆作っちゃうぜ! ~実物編~

 2012-11-18
前回引き続き、久しぶりにイタミニ四駆を作る!の回です。

一つくらいはレースに出れる仕様の物を持ってたいなと思って、ちょこっとお金をかけて作ってみました。お金に物を言わせる。う~ん、大人の作り方ですね~(エ
と、言っておきながら大した出来ではないんですがwまぁご覧下さい。

見た目はこんな感じ↓

完成ミク四駆

パテ埋めやデカール張りがまだまだ未熟なため荒いですね・・・。
ミニ四駆名物の肉抜きをあまりせず、余分な”へこみ”をパテで埋めてます。空気抵抗重視もどきですw
使用したミニ四駆・パーツは以下の通りです↓
本体:バンガードソニック プレミアム (カーボンスーパーⅡシャーシ)
使用パーツ↓
・19mmアルミベアリングローラー
・フロントスライドダンパー・ローラーセット
・丸穴ボールベアリング4個セット
・レブチューンモーター


フロント周り↓
完成ミク四駆4
ライト部分のへこみはパテ埋め。デカール貼りのためボディもパテで埋めてます。ボディのパテ埋めは重くなり逆効果かなと思いましたが・・・w
可変ダンパーはストレートコースを意識して、ハードグリスを塗り、前と後ろのローラーが一直線上に配置されるようセッティングしました。
デカールは上面と側面とで分割して貼ってみました。足のところにインクがにじんだり、でこぼこしてたり・・・上手く行ってないかなwイラストは前回紹介したものです→『ミク四駆作っちゃうぜ! ~イラスト編~』


後部タイヤ周り↓
完成ミク四駆2
完成ミク四駆3

ここも2つのへこみがあったのですが、一つは穴をあけ、もう一つはパテで埋めています。ボディ裏の出っ張りも削っています。
デカールは企業ゴロっぽく、『ニコニコ静画』『Pixiv』『ピアプロ』『sketchWALL』を貼ってみました。
ちっこいミクはいつもお世話になってるあずまわりさん(ブログ:えからん林檎)からいただきました!!

ウィング周り↓
完成ミク四駆5

特に何もしてないんですが、根元に穴をあけて空気が流れるようにしました。空気抵抗の減少とモーター冷却効果狙いです。
デカールは単純なだけ荒が目立ちますね。文字ももうちょっと大きくすればよかった。
後ろのローラーは、マグナムセイバーについてたゴム付きのプラローラーを流用しました。


さてさて、ミニ四駆オーバルホームサーキットを使ってタイムを計測してみました。
ノーマルのミニ四駆(マグナムセイバー/カスタム無し)4秒86
それに比べミク四駆4秒17でした。僅差ですねw
一緒に走らせると、だいたい3周で後ろに激突しましたw


久しぶりに作って走らせてみるとやっぱり面白かったです。もう一個真面目に、3秒半切るモデルを作ってみたいと考えてます。今度は肉抜きしたいですねw

さてさて。正直、紹介するまでもないつまらない内容でしたが、まぁ、初心者のたわごとと思って見逃してやってくださいませ。。。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

ミニパト

Author:ミニパト
常に背水の陣なヌル銃オタク。
自分でイラストを描いてはPixivやニコニコ静止画などで公開してます。

ちなみにリンクフリーです。むしろリンクしてください。

冒険者カウンター

そして、あなたも遭難者?

カテゴリ
最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。