スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

二次創作漫画『ストレイシープ』紹介

 2013-05-18
本記事には暴力シーンやグロテスクな表現を含みます。
苦手な方はご注意ください。


以前宣伝しましたリョナ系アクションフリーゲーム『BlankBlood2次創作漫画ストレイシープ
今回はそれが完成しましたのでご紹介しようと思います!!

※フリーゲーム『BlankBlood』に関しては前回の記事をご覧ください。

まだまだチャレンジの域を達さない未熟な漫画、しかも描写力が必要とされるアクション物ですが、いつも通り反省交えてやっていくつもりなので生暖かい目で見ていただけたら幸いです!

では、気になる方は↓の続きからどうぞー。



次回予告↓
特に予定なし。面白い雑記を書きたいと思います!!(フラグ)
と言うわけでやっていきたいと思います。
ちょっとした裏話も盛り込んどきますので、良ければ最後までお付き合いくださいー。

【表紙】
ss1-0

表紙は漫画の顔。WEB公開漫画とは言え表紙は必要ですよね。
順番的には一番最後に描いたのでモノクロ→カラー絵でノウハウを忘れてましたw


【1】
ss1-1

プロローグ的なアレ。
画像は本家のプレイ画像を使いました。


【2】
ss1-2

本家『BlankBlood』のクリア直後の様子だと思っていただければ。
一番最初に描いたページで色々安定してないかもですw


【3】
ss1-3

題名です。
個人的な意見ですが、英語の題名とその和訳が微妙に合ってないのは映画っぽくていいと思います。


【4】
ss1-4

第一の見せ場。ダイビングのこといろいろ調べました。
ドライスーツの密着具合はエロいと思うのでそれを表現したかった。
水の表現は主に水彩ツールを多用しています。


【5】
ss1-5

沈没船のシーン。
今回の舞台の紹介、スケールの大きさ、そして今後の展開のための伏線ですね。
沈没船と言うシチュは『バイオハザード:リベレーション』や『ポセイドンアドベンチャー』等を参考に。
ダイビングの一連は資料として『ブラックラグーン』のお世話になりました。


【6】
ss1-6

今回のフィールド{貨物スペース}の紹介シーン。
はっきり言って4コマ目が雑だったなと思いますが、僕の画力じゃこれが精一杯なんですぅ。
ちなみに信号弾はH&K P2。ちょっとカートの大きさがおかしいです。


【7】
ss1-7

奈々ちゃん準備中シーン。サービスシーン(着替え&鉄砲)とも言います。
実は奈々ちゃんは服の下に水着を着ています。彼女は下に、下着を着ていないんです。
登場するハンドガンはタウルス247G2。ゲーム内の奈々はグロックを使用してるみたいだったので、似たポリマー製を持たせました。
タウルスは日本ではマイナーですが、自分は好きです。本当は旧世代(G1)の方が好きなんですがねー・・・w


【8】
ss1-8

奈々ちゃんの格好(装備)紹介&フラグ(意味深)。
自分の考えでは、こういう立ち絵(重要な場面)をしっかり描けば他を手ぇ抜いても大丈夫ってね(オイ
持ってるアサルトライフルはガリル エース31。密閉空間での使用を想定してサプレッサーを装備。詳しくは最後ら辺のページで。


【9】
ss1-9

クリーチャー登場シーン。
こうやって唐突に出てくるところがB級モンスターっぽくないですか?いや、決して尺の問題ではなく。。。
本編では紹介されませんが、名称『ラスール。手の鎌(爪)や舌で相手を行動不能にし、そのままのみ込むって言うモンスター。


【10】
ss1-10

モンスター紹介シーン。バイオハザード:リベレーション』のクリーチャーを参考にしました。
2コマ目の突っ込むシーンは「顔がちょっとなー・・・」って自分でも思います。


【11】
ss1-11

第一の見せ場、スーパイン射撃(突然の仰向けからの射撃)シーン。当然、マグプルのカービン訓練動画を参考に。
着弾や血の表現は描いてて面白かったです!


【12】
ss1-12

ガリルの細部を魅せるためのシーンと言っても過言ではないっ。


【13】
ss1-13

まだまだいるぞぉ~、ってシーンです。
あと奈々の姉、涼子が初登場のシーンですね。
これは涼子がここにいるって描写でもあるんですが、単純につなぎが欲しかったわけでもありますw


【14】
ss1-14

おっぱいがおっきいひとはむずかしいです。


【15】
ss1-15

見せ場その2、曲芸撃ちシーン。ここの1コマ目はかなり力を入れました。
ですが、効果音の配置がちょっと気になる。もっといい配置があったのかなぁ?


【16】
ss1-16

この、マガジンで攻撃を防ぐってのは描きたかったシチュなんです。
それを表現するのは大変でした。ちゃんとできてますかね?


【17】
ss1-17

とどめをさすシーン。時間差着弾を描くの楽しいです。
意外と銃を正面から描くのが何より難しかったりします。
ちなみにガリルはこの時点でどこかに放り出してると考えてくださいw弾の無い銃はただの鉄、ってね。


【18】
ss1-18

待ちに待ったリョナですよ?


【19】
ss1-19

叫び声と血しぶきに力が入っちゃいますね。
マガジンの向きが実は逆ってのは僕と皆さんの秘密でよろしくお願いします。


【20】
ss1-20

痛みをこらえて息を吐きながら反撃する奈々ちゃんが好き。
後、痛みで顔が紅潮するところもいいですよね。


【21】
ss1-21

ドカーン。
意外と鼻血の描写が難しかったです。
ちなみにコンテナの影も水彩ツールを使用。ムラ出しにスタンプツールのモヤも使ってます。


【22】
ss1-22

絶望感を漂わせるシーン。
実は3コマ目のぼやけたクリーチャーはP17の使いまわしだったり。


【23】
ss1-23

明日に向かって撃つ。
銃声は単調な音じゃなく色々使い分けた方がおもしろいと思うんですよね。本当にそう聞こえるかどうかは別として。


【24】
ss1-24

ここはちょっといろいろ思うところがあるページ。
本来はこの前に1ページ挟むつもりでしたが、時間の問題でカット!


【25】
ss1-25

ゴシャ。
ひしゃげたコンテナは結構大変。カラー絵だったら影の塗りで挫折してますねw


【26】
ss1-26

つまりは残った弾を、上にぶら下がってるコンテナに放ったわけですね。
もっとコンテナ下の潰れたクリーチャーを描いた方が皆さん喜んだかな?


【27】
ss1-27

止血シーン。本来はこのくらいでは止血できないんですがね・・・w
今更何ですが、地面も影は水彩、ムラはスタンプツールを使っています。


【28】
ss1-28

今回の目玉商品ナノマシン治療装置ですっ!!
奈々の方は血を失いすぎて眼の描き方がちょっと変わりました


【29】
ss1-29

装置の一連の操作を説明するシーン。
こういうシステマチックな画面をかくのは楽しいですね。まぁ、あまり描いても小さくなり過ぎて見えないんですがw


【30】
ss1-30

注射の描写がちょっと分かりづらかったかもしれませんね。


【31】
ss1-31

ナノマシンが治療するシーン。
血管を這うシーンや治療に痛みが伴うシーンは『バイオハザード4』とかからインスピレーションを。


【32】
ss1-32


引き続き悶絶シーン。
涎が飛び散る描写がいまいちわからず難しかったです。
目隠し!目隠し!!


【33】
ss1-33

5コマ目のアングルが26ページ目とかぶってたのでちょっと気になったり。


【34】
ss1-34

次のステージへ。。。
もう一回説明しますと、この沈没船は転覆していますゆえ。
いろいろ怪我してた奈々ちゃんの服がきれいなのは今後描くのが面倒だから(エー
本当は汚したかったんです・・・。


【35】
1-35

そしてキメッ。
1コマ目は12ページ目のを流用。
3コマ目のコッキングシーンは、もっと複雑な動作をすると思うんですが、まぁ、勘弁してくださいw


【36】
1-36

恒例の装備紹介。
『“奈々”』の項目でPMCのことを書いてますが、これは自分のオリジナル設定です。
この沈没船まで来て、脱出する際もこのPMCを利用すると言う裏設定。娘のように可愛がられてたようです。


【37】
1-37

奥付。
本家のsakifox様、以前からお世話になってるアルファブラボー様、ありがとうございました!!
idはPixivのものです。




と言うわけでいかがだったでしょうか、『ストレイシープ』。
設定的な話をすると、初期設定では舞台は洞窟内の研究所だったり、敵もスライムだったり巨大カエルだったりしました。MATももっと変な形だったりw
しかも本来は姉と再会するシーンまでが一話のつもりだったんですが、時間的な問題でここまでに・・・。

その上、また時間的な問題で続編はだいぶん先になりそうです。夏に描ければ描きたいんですが・・・。一応、話のアウトラインは最後まで出来ているんで。

出来るだけ最後まで描いていきたいんで、期待しない程度に期待しといてくださいw

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました!!
了読感謝!!!
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://minipat.blog99.fc2.com/tb.php/123-3699839a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

ミニパト

Author:ミニパト
常に背水の陣なヌル銃オタク。
自分でイラストを描いてはPixivやニコニコ静止画などで公開してます。

ちなみにリンクフリーです。むしろリンクしてください。

冒険者カウンター

そして、あなたも遭難者?

カテゴリ
最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。