スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ホークアイに木目塗装をしてMINI-14風カスタム!!

 2017-03-05
今回はエアガンのカスタムについて紹介させていただきますね。

タクティカルな22LR弾ライフルのガスガン:KJ WORKSのホークアイを、レトロな感じに逆行させてみました!

HI_1

HI_2

ホークアイ:MINI-14風カスタムです!!

元々はこう言った、たくてぃこーな風貌だったのですが↓
HI_3

ストックはパイプストックに置換。
フレームはレイルを取り外し、ねじ穴やセレーションをパテで埋めて、木目調に塗装しております。
そうなんです!塗装なんです!!

塗装に関するノウハウは以下のサイトを参考にさせていただきました!
『愉快全快エアガン日記 M870ウッドストック化計画』
おかげで木から削ったりするより、リアルで良い感じに仕上がりましたわーw


ストックの取り付けや塗装など、こちらのカスタムに関する細かい手法については↓の続きで紹介させていただきます
気になる方は、ぜひご覧ください!!
という訳で、カスタムについて説明させていただきます!!

まず用意するものはこちら↓

【部品】
■KJ WORKS ホークアイ(銃本体)
■LR-300 フォールディング・ストック
※アイアンサイトやハイダーは古臭そうな物を適当に。僕は余り物を使いましたw

【材料】
■硬質パテ
■ストック固定用水道管(全長5cm×外径2cm)
■ストック固定用ボルト(M6×全長7cm)
■ストック固定用ナット
■ストックのボルトを通すパイプ
■ストック回転防止用ねじ
■スプレー:下地用ホワイト
■スプレー:トロピカルイエロー
■スプレー:木工用ニス(今回はウォルナット)
■塗料:フラットブラック

【工具】
■電動ドリル
■ドライバー
■鉄工用中目やすり
■紙やすり
■筆


それではまず、加工が超必要なストックの取り付けからやっていきたいと思います!

ホークアイのストックは、マルイのストックと造りが違うので、ポン付けできません。そのため、水道管やパテを使って取り付けます!
図解するとこんな感じ。

改造前はこうなっていますので↓
HI_4
ストックパイプが入ってた部分に、水道管をパテで埋め込み、ドリルで開けた穴にボルトを通してストックを取りつけます。
こんな感じ↓
HI_5


【1:ストックの準備】

と、その前に・・・
ストックをそのままつけようとすると、こんな風になります↓
HI_6

根元の出っ張りが下に出ていて、グリップを握る際に邪魔になってしまいます。
なので、根元の出っ張りが上になるようにします。そのために、パイプストックを取り外し、逆に取り付けます。
HI_6

パイプストックをカンカンと叩いたら固定ピンが出てくるので、何とかしてペンチとかで引っ張り出しましょう!
僕は傷つけちゃいましたが、ゴムハンマーなどを使うと良いのかもしれませんねw

パイプストックを逆にして付けると、ストックをこのように取り付けられます↓
HI_8


【2:ボルトを通す穴を開ける】

ドリルで穴を開けます。
HI_12
HI_13

途中で金属製のねじインサートがあるのでどうなるかと思いましたが、問題無く貫通できましたwフレームの取り付けも全く問題ないですよ♪


【3:水道管の準備】

ではストックを取りつけるため、水道管などを埋め込んでいきたいと思います!

HI_9
上の写真は水道管と長いボルトです。その間にあるナットやワッシャーを水道管の中に埋め込み、ボルトの通り道とします。

作業工程をすっ飛ばしましたが、水道管はこのように加工します↓
HI_10
水道管の中心に、通り道のナット・ワッシャーを埋め込みます。
やり方は、ストックの根元のパーツに、水道管・通り道ナット・ボルトを付けてみて、そこにパテを押し込んでいけばいいです。
正直、通り道を作る工程は必要無いと思いますが、強度がぐっと上がる!!はずです!!!

だた外側の横に、小さいビスがパテで付いていますが、これは必ずやってください。
これは、ストックが回転しないように固定するために必要です。
こんな風に↓
HI_10


【4:水道管の埋め込み】

まず、周りをパテで埋めていきます
HI_14

そして水道管を入れてボルトで固定。その状態でパテを押し込んでいけば、中心に水道管を埋め込むことができます。
HI_15

これでストックの取り付けが可能となりました!!
HI_16


【5:フレームのパテ盛り】

フレーム側面のセレーションと、レイルが取り付けられていた部分のネジ山や溝を、パテで埋めていき、きれいに成型していきます。
HI_17
HI_18

パテを削るのは鉄工用の荒いやすりが最適です!普通のヤスリでやってたら、全然進みませんでした・・・orz


【6:フレームの塗装】

塗装はこちらのサイトを参考にしました↓
『愉快全快エアガン日記 M870ウッドストック化計画』
こっちのほうが分かりやすいので、参考にごらんくださいw

使用する塗料はこちら↓
HI_19

■下地用ホワイトサーフェイサー
■トロピカルイエロー
■木工用ニス(今回はウォルナット)
■フラットブラック
薄め液は使いませんでしたw

まずは下地の白を塗って、塗装ムラが起きないようにします。
HI_20


で、トロピカルイエロー↓
HI_21
すっごい派手ですwですが、ニスを塗れば良い色になるので無問題!!

次にフラットブラックで木目を描きます。
参考ブログでは荒い靴用スポンジブラシで木目を描いていましたが僕はうまくできなかったので、筆で描きましたw

そして、全て塗り終わったらニススプレーをかけていきます!
ニスを塗る際は、裏の塗装時注意書きをしっかり読んでください!
そうしないと、液だれや気泡ができてダメになります。

実は僕は一度、木目描き・ニス塗りがうまくいかず、全部塗装を削ってやり直してますw
塗装と時間がかなり無駄になりましたが、おかげでパテ盛りが荒くてへこんでいた部分などが塗装で埋まり、きれいになったので結果オーライですねw

という訳で、あとは好みのパーツを付ければ完成です!!
HI_22



木製パーツは何かと値が張りますが、このように塗装で再現できれば安上がり!しかも、色んな物を木製にすることができます!!
HI_23
(例:木目塗装された実験体STANAGマガジン)


僕のような塗装初心者でも出来たので、ぜひぜひやってみてください!!
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://minipat.blog99.fc2.com/tb.php/162-b688078d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

ミニパト

Author:ミニパト
常に背水の陣なヌル銃オタク。
自分でイラストを描いてはPixivやニコニコ静止画などで公開してます。

ちなみにリンクフリーです。むしろリンクしてください。

冒険者カウンター

そして、あなたも遭難者?

カテゴリ
最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。