スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

初心者によるパソコン自作講座、に限りなく近い何か。

 2010-07-01
どうも僕です。更新にちょっと間が空いてしまいましたが、絵は何も用意してません。このブログのメインなのに・・・その代わりちょっと報告したい事柄ができたのでご報告します。


パソコン、買い変えましたっ!!
配置
テレッテッテー!ミニパトはレベルアップ!!
今まではVistaのノートPCでプライベートから学業までをこなしてきたのですが、スティッカムや絵チャが出来ないとか、学校で必要なソフトが動かないなど問題がてんこ盛りでした\(^o^)/。 そこでPCの買い替えの考えが浮かび、せっかく工学部学生なので組み立ててみよう、と言う流れに発展したわけですねー。おかげでスティッカムや絵チャもスムーズに見れて快適です☆ちなみに新PCはプライベート、ノートPCは学業用にしようかと。
大まかな変更点としては、
・OSがビスたんからナナたんへ。
・画面が17inから19inへ。
・メモリーが2Gから4Gへ。

な感じです。今までのPCに慣れてた分、7に使いにくさを感じたり写真編集ソフトが入ってなかったりと若干不便はありますが、使っていくうちに何とかなるでしょう。

組み立てた感想としては思ったより簡単で面白く楽しかったことですねー組み立ては専門知識などまったく要らず、付属のマニュアルや店頭でもらえるガイドを見ながらすれば難なくこなせます。ただお金がかかり高価かつ精密機械を扱っているプレッシャーは付きまといますがw自作PCについて調べていくうちに大まかではありますが、どのパーツがどのような役割をしているのかわかってきますしね。
製作期みたいのを下の追記のほうに書いておきます。長いので興味のある人だけ見てくれればー。


ここ最近ちょっと悩み事がありまして。スランプ状態に陥っちゃいましたー。今まで描きたいもの描いてきましたが、『自分の好きなことで人に認めてもらいたい』というのが自分の絵に対するモチベーションと知り、今度は人が見たくなるような構図を描こうと試行錯誤をしているのですが、そうしてるうちにだんだん分からなくなってきました。。。一応、絵は毎日自由ノートにちょくちょく描いてはいるのですがなかなかインスピレーションが沸いてこないのです。まだ苦悩は続いていますのでしばらくは絵の更新が出来ないかもしれません。。。

次回の予告。
上記のスランプの件に加えて7月中はちょっとスケジュールが立て込んでまして、絵を描くのが難しい状態です。その間、紹介コーナーやらでつないでいきたいと思います。個人的にも絵の練習(WORKINGの伊波ばっか描いてるw)をしていますのでご安心を。

:お詫び:
追記のパソコン自作講座が、一部の写真がサイズの都合のより見にくい表示になってます。ですが、ぶっちゃけ面倒くさいので直しませんでした。そのことを心よりサーセン。画像が見たい方はクリックでお願いします。
よく ここまで たどりついたな ゆうしゃよ

というわけで始まりました。
初心者の、初心者による、初心者のためのPC組み立て講座でございます。
長くなりそうなのでつまんない事は書かずにパッパといきましょう。いいか、絶対くだらないことは書くなよ!ふりじゃn(ry

まず使用パーツがこちら↓
パーツ全体
CPU:Core i3-530:\12,600
マザーボード:intel DH55HC :\12,600
メモリー:Cetus DCDDR3-4GB :\11,700
グラフィックボード:Radeon HD5450 :\6,980
PCケース:CSI-9148GG :\2,980
電源ユニット:KRPW-L600W :\5,880
DVDドライブ:I-O DATA DVR-S7240LE :\4,480
ハードディスク:HDS721050CLA362 :\4,200
キーボード:BSKBU02BK :\980
モニター:PTFBLF-19W :\16,800
OS:ういんどうずナナたんホームEd 32bit/DSP版 :\13,800


パーツのそれぞれの機能や役割は流行の擬人化を使って表記しときます。

こちらは近くのヨドバシカメラですべて購入。合計で\85,374(ポイント割り引く含)となりましたー。まぁ、平均的なスペックのPCを作るにはこれくらい出さなきゃだめらしいです。しかしネットで吟味すればもっと安くつく可能性は大です。

①パーツ選び。
いきなりですがここがPC作りの最大の難所です。自分はヨドバシカメラの最高のサービスに恵まれ、ほとんど迷うことなく選ぶことが出来ましたが。ヨドバシのサービス:\プライスレス
PCというのは基本、マザーボード(以下マザボ)がすべての中心になり、マザボに決まったパーツの規格というのが存在します。たとえばメモリーならDDR2かDDR3。PCケースもねじ穴の位置が一致するものを買わなきゃいけません。
ここで間違った規格を買うと完全にお金の無駄になってしまいます。なのでまずマザボを選び、それにあったCPU・メモリー・PCケースというのを選んでいきましょう。


②組み立て開始!!マザボにCPU設置!
パーツを集めたら早速作業。時間がかかる人はかかるので休日にやるといいよ。始める前はきちんと部屋を掃除してホコリをはらおう。お兄さんとの約束だっ。
栄えある第一の作業は

マザボ&CPU。まずこちらがマザボマザボ1
マザボを扱う前は金属やPCケースなどに触れて体の静電気を取っておきましょう。ビリリッと来るよ。
マザボは人の体で言う内臓・血管といった役目。表面を傷つけないようにはしっこを持って、マザボの箱の上で作業するがよろし。
第一工程としてはCPUを取り付ける準備をすることです。
まずは下の写真のようにCPUソケットのレバーを使ってカバーを開く。その後、黒い保護カバーをはずします。
このとき注意が二つ。『黒い保護カバーはきちんと保管する。』『赤で囲ってある金色の部分には触れない。』前者はもし修理に出すときこの保護カバーが必要になるので。後者は汚れがつくと接触不良の原因となるからです。
マザボ2

第二工程、CPUをつける。これがCPU↓
CPU1
CPUは人間で言うところのの部分。つまりCPUが弱かったらチャランポランなPCが出来上がるわけです。一緒についてる扇風機みたいなのはCPUファンと言い、知恵熱で高温になるCPUを冷やす役目を担っています。
CPU&ファンの取り付けは実に簡単。刻印されている矢印にあわせてCPUをきれいに置き、再びレバーでカバーを閉める。その後、下図のようにファンをはめ込み、コードをつなげる。どうだ、箸を持つより簡単だろ?
CPU2
ただレバーをロックするとき、若干、力業が必要。マザボが軋む音にビクッゥ!!となりますが、ヘタレ心を追い出してしっかりロックしましょう。

②メモリーインしたお。
続いて取り付けるのはメモリー
と呼ばれるこの部品↓
メモリ1
メモリーと言うのはPCが何かを考えるとき使う頭の容量でありまして、これが大きければ動画を見ながらゲームをするなど処理の大きい作業が可能となります。動画見ながらゲームするやつなんていねぇよ。
今回、メモリーは2GB×2=4GBを用意。しかし、実際使えるのはOSの関係上3.2GBまでなのですが(理由はOSの欄で説明)。
まず下記のようにメモリーの凹みとスロット(差し込む場所)の凸を確認、その後、メモリーを上からまっすぐ押すと(マザボが軋む…ビクッゥ!)両端の白いツメが起き上がりメモリーを固定します。これで終了。
メモリ2
PS:メモリーを2枚用意したが、スロットが4つある。そういう時はマザボに付属のマニュアルを読んで挿すべきスロットを確かめようたいてい英語だけど図を見ればすぐわかるから。

③マザボがPCケースに寄生。
PCケースは内臓を守る皮膚・肉体、体そのものであります。要するにただの箱。
ケースによっては下の写真のようにスペーサーと呼ばれる、マザボを固定するための部品を取り付ける場合があります。マザボの穴と照らし合わせながらスペーサーを取り付ける場所をチェックしていきましょう。
ケース
そしてマザボにはバックパネルというのが同封されています。PCケースにあらかじめついてるパネルを外し、専用のバックパネルを上下注意してケース内側から取り付けましょう

④グラフィックボード(以下グラボ)、セーーーットアップ!!
グラボと言うのはゲームや動画・絵といったグラフィック系のことを処理する別の脳
みたいなもの
です。
グラボ1
僕は絵を描くので安いながらも一応用意しましたが、ゲームなどをするにはもっといいグラボが必需となります。
最初はPCケースに取り付ける前に設置してましたが、取り付けるときに引っかかって邪魔になると言うハプニングがw
グラボもメモリーの取り付けと同様、凸凹をチェック、上から押して(マザボが軋m)固定。ただ、グラボのプラグがケース背面から出るように、プラグの位置にぴったりの背面のパネルを一枚外しましょう
グラボ2

⑤ハードディスク(以下HDD)&DVDドライバ&電源ユニットを設置!
これは擬人化せんでいいだろw HDDはソフトなどを保存する場所、DVDドライバはDVDやCDを読み取る機械です。
まずはHDD。気をつけてもらいたのはHDDは衝撃にとても弱いので落としたり、持ち運び時には十分注意してください。
下のレーションみたいのがHDDであります。シャドウベイと呼ばれる置き場所にネジの位置が合うように設置しネジをしめるだけの簡単なお仕事です。
HDD

DVDドライバはまず、ケース表面のパネルを外します
DVD2

DVDドライバをケース前面から挿入。前面が平らになる位置でHDDと同じくネジ止めです。
DVD3

電源ユニット心臓の部位であって、装着したマザボやCPU・グラボによって必要なワット数が違います。ただ後々パーツを増やしていくことを考えたらワット数は大きくても損をすることがありません
電源
今回使用した電源ユニットは玄人志向と呼ばれるブランド。玄人志向は説明書らしい説明書がまったくついておらず、まさに玄人向け。よく考えたら問題なく取り付けられますが、難しいパーツだったりもし不安ある方は違うメーカー品をお勧めします。
まぁ取り付けは普通に考えて、ファンが下になるようにすればいいよな。

⑥これだけのコードをつなぐんだぜ・・・
おそらく組み立て時で失敗率が一番高いだろうこの作業。この作業はマザボのマニュアル、マザボの表記、それぞれのプラグの規格をよく確かめて行おう!!写真をを参照してください。
1.CPU電源
脳に血液を送ります。これは簡単。
CPU電源

2.マザボ電源
全身に血液を送り込みます。
マザボ電源

3.DVD&HDD電源、SATAコード
DVD&HDDについてはコードが二本あります。
まずは電気を送る電源コード。
DVD&HDD電源

その次に情報を送るSATAコード
SATA

4.ファン電源
PCケースの側面と背面にファンがついているのでそれぞれつなぎましょう。
ファン電源

5.オーディオ電源
それぞれに『AUDIO』と言う単語が入っているので、その言葉を捜し規格を確かめ接続しましょう。
オーディオ

6.USB電源
USB電源はマザボ側にいくつかありますが、基本表記されている数字順に接続してください
USB

7.フロントパネル
ここがデンジャーだぜ、気をつけなっ!!電源スイッチやケースのランプなど重要なコードを接続します。ここはマザボのマニュアルをよく見て間違えないように接続していきましょう
フロントパネル


終えたら、ファンにケーブルが干渉しないように結束バンドなどでまとめておきましょう

⑦動作テスト、行きます!!
マニュアル通りつなげたら待ちに待った起動チェック!!この段階で電源ケーブル・キーボード・マウス・LANケーブル・モニターを本体に接続しておきましょう。
これらをすべてつなげたら、いざっ、ターーーン オンッ!!ぽちっとな。
失敗

・・
・・・起動しないんだけど。
え、ちょっと、えー・・・PCには通電してるんだけど、モニターに信号が送られてこないorz
その後、再度分解、確認、接続、組立、PSPして、また分解・・・そんなこんなが90分。原因は簡単なところにありました。
モニターのプラグを指す場所を間違えてたんですねーw
モニター配線
マザボにモニターをつなげるコネクタがあるのですが、グラボにも同じコネクタがあるのです。グラボをつんだ場合グラボのほうが優先されるのでそっちにつないでください。俺の90分は何だったんだ・・・
じゃ、も一回。ぽちっとな。

⑧PC製作最後の戦い!!
スイッチを入れ画面がつけば、とうとう最後のソフトの作業になります
まずスイッチを押し、成功してればBIOS画面と言うものが出てきます
勝負は一瞬!ロゴ画面が出ているときに〔F2〕ボタンを押しましょう!失敗したら電源消して入れてもう一回ねw
〔F2〕ボタンを押すと下図のような画面に飛びます。まず最初の画面CPUとメモリが認識されているか確認します
BIOS1
その後、次の項目でDVDドライブとHDDが認識されているか確認
BIOS2

これらの作業が終わったら、OSのインストール作業です!
今回用意したのはWindows7 32bit/DSP版です。簡単にOSの説明、入れときますね。
VistaはOS自体が重かった分、7ではそれが解消されています。いい子なんですナナたんは。
そして7には32bitと64bitが存在し、前記しましたが32bitは認識できるメモリが3.2GBまで(4GB用意しても3.2GB)。比べて64bitは4GB以上にも対応。しかし、デメリットとしては古いソフトや周辺機器が使用できない可能性があること、です。あらかじめメーカーのサイトで調べておくのがいいでしょう。
次にDSP版というのは、メモリと一緒に販売されるOSのことです。ですが単体でも売られていますwメリットとしては通常のOSより安価なところにあります。しかしデメリットとして通常サポートが使えないところとVistaからのアップグレードに対応していないことにあります(アップデートは可)。
まずDVDドライブにインストールCDを挿入し一回電源を切ります。その後、自動的にCDが起動、画面に出てくる手順に沿ってインストールしてください。インストールには15分から20分、再起動も何回かするので雪見大福でも食べながらもったりとお待ちください。

以上でPC作りはおしまいです。ねぇ、簡単でしょう?まぁ実際この後がネット接続や必要ソフトのDLなどで手こずるんですがw

PC作りは買うより安いと聞いていたのですが、買った時点では安いわけではなく、カスタマイズしていくうちにお得になっていくと言った感じですね。とは言うもの、組立作業はなかなか楽しいですし、PCの仕組みも軽くわかるので、買い換える予定の方はぜひ自作してみてはどうでしょうか?
せっかくそこそこのスペックを手に入れたので、絵チャとか参加したり、絵がうまくなったりしたらお絵描き配信とかもしてみたいですねー。
では、ここまでお付き合い、ありがとうございました!!


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://minipat.blog99.fc2.com/tb.php/56-0a7fbe4e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

ミニパト

Author:ミニパト
常に背水の陣なヌル銃オタク。
自分でイラストを描いてはPixivやニコニコ静止画などで公開してます。

ちなみにリンクフリーです。むしろリンクしてください。

冒険者カウンター

そして、あなたも遭難者?

カテゴリ
最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。